【2024年最新】必見!東京都内のおすすめ街コン情報を厳選してご紹介。

コラム

街コンが流行る理由には、気兼ねなく参加できる利便性の高さが第一にあります。

合コンだと幹事や仲間に気を遣うこと、会社付き合いでは険悪なら後日に引きずるという懸念も避けられないでしょう。

しかし、それらの不安要素を回避でき、1人でも参加が可能なのが街コンの魅力。

加えてトレンド発信地の東京ならば、もっとも活気があるエリアといえるため、在住しているなら参加はおすすめ度が大です。

そこで今回TOKYO LOCAL(東京ローカル)では、東京で出会える街コンの厳選サイトを6選ご紹介していくので、ぜひ最後までご覧になり出会いをつかんでみてくださいね。

machiconJAPAN(街コンジャパン)

おすすめの先頭でご紹介するのが、東京都で膨大な街コン出会いを達成させるmachiconJAPAN。

カテゴリーの街コンタブを押せば、なんと9,000件前後の出会い提供の場が出てきます。
つまりじっくり吟味しながら、どんな目的でも探し出せるという理想中の理想なサイトだといえるでしょう。

コンテンツも充実していて、例えばハイクラスの男性を探す女性なら、高年収・医師などターゲットをしぼった出会いも果たせます。

通常、ハイクラスの男性との出会いは結婚相談所でしかるべき手続きのもと会員制で高額な費用を払うことも多々。

むろん、男性も同様ですが、高ハードルの支出をともなわないのが何よりもの魅力だといえます。

いっぽう予算が少なく年収に自信がない方でも、カジュアルに楽しめる街コンも多数あり必見です。
例にするとおしゃれに立食形式で参加できるお店、あるいはじっくり着席形式でほのぼのと親近感を寄せられるスポットなど、東京住まいなら第一にチェックしておきたいサイトだといえるでしょう。

PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)

華やかなサイトネームで、利用する前から心がワクワクしてくるPARTY☆PARTY。

総合満足度1位という、インターネットリサーチでトップを得たこともあり信頼性は抜きん出ているといえるでしょう。

また東京だけでも常時200件以上の街コンスポットを提供していて、目的別で細かく探したい方にとっては時間短縮になる点が何よりものおすすめと評価できるのです。

必見たる目的別のジャンルの例をピックアップすると、朝活型の方たちに向けたモーニング会というブレックファーストで軽食を楽しむ街コン会。

続いては30代の男女を対象にした、12時から14時開催のランチ街コンで昼食を楽しみながら縁もつむげるという内容。

極めつけは、40代・50代の方も照準にしたお台場での絶景BBQコンなど、街コン初心者から上級者まで東京在住の方がたんまりと出会いを楽しめるサイトとなっていますよ。

オミカレ街コン東京

北は北海道から南の沖縄まで、全国津々浦々を対象にしているのがオミカレ街コン。

中でもオミカレ街コン”東京”と称されているのは、東京に完全特化した探しやすさ、利便性にあります。

何が魅力かというと目的別に検索ができ、かゆいところに手が届くサービスを提供しているのが当サイトの本領発揮たる部分でしょうか。

まずオーソドックスな街コンを挙げるなら、アラサー限定の集まり・出会いのサービス。同年代だからこその意思疎通、連絡先交換率の圧倒的高さなどがおすすめ点です。

いっぽう、凝っているのは年上女性&年下男性といった、ありきたりをくつがえすオミカレならではのチョイスも評価できる部分だからでしょう。

ほかには40代になり『出会いがめっきり減ってしまった…』という方の背中を押してくれる、アラフォー限定の街コン開催なども必見。

つまり、どんなニーズが東京在住の方から望まれる街コンであるのかを、潜在的部分まで深掘りしたオミカレの実力が圧巻だといっても過言ではありません。

シャンクレール

東京在住の方で、本格的な出会いを重視する方に覚えていてほしいのがシャンクレール。

モットーは安全に・出会いが通常の10倍といった、縁の構築に特化した同サイトの心意気でしょうか。加えて出会いの実績を数値化しているため、参考にしながら余裕を持って繰り出していけるのが魅力的。

例えば前月のカップル成立数が18,000人としたなら、その数値を公表してくれています。

街コン提供場の一例としては、22歳~32歳の飲食付きパーティーでお値段も高くない設定は注目どころ。

男性だと8,000円を余裕で超える街コンもある中、男性が5千円台・女性は千円台というリーズナブル設定もあるのです。

つまり予算が乏しいから、参加が難しいかもといった方の不安を払拭する利点がシャンクレールに備わっています。

そのほかでも20代から30代後半といった、世代を狭めることのない街コン開催も見られおすすめができます。

上記の例だとMoonLight恋活ビアガーデンと称した、完全貸切のスペースでお酒を味わいながら仲を進捗させていけるなど、目白押しの街コンは多彩だといえるでしょう。

Rooters -ルーターズ-

年間10,000人のカップル成立数を輩出する、実績が豊かで頼れる街コンサイトのRooters -ルーターズ-。

設立されてから14周年をとうに超えたのも、前田敦子さんが公式アンバサダーになったのも信頼性において頼もしい点だと言えるでしょう。

特筆したいのは、期間を指定して街コン参加の目処を立てられるところでしょうか。
例えばとある週の月曜日・火曜日といった、平日だってターゲッティングできます。

ほかにも一人参加・完全着席といったキーワード検索など、機能が充実しているのも魅了される点です。

では、どのような検索結果があったのかをピックアップします。
まずは、15対15で一人参加が可能で、集団心理に悩むことなく平等に街コン参加ができるところ。

東京・表参道のエリアでは女性がワンコイン価格、男性は5千円台という女性にやさしい料金価格なのが目を見張るべき点でしょうか。

男性だけ妙に高いと思うからもしれませんが、女性側が参加しやすいことからスムーズに集まるという利点があります。

続いて27歳から37歳で六本木エリアの街コンならば、1対1でたっぷり向き合える内容もおすすめポイント。

加えてシャッフルタイムという全員とトークができ、かつ連絡先交換をスタッフがうながす粋な計らいもあり、つい頼りにしたくなる内容ですよ。

学恋パーティー

街コンパーティーと聞けども、年齢が20歳以上だったり30代まで入っていたり、学生主体の出会いがあればと思うこともありますよね。

学恋パーティーはそんな学生の方々を限定して絞った、垣根なく構成された街コン提供のサイトです。そんな学恋パーティーは毎日新聞で特集されたこともあるのだとか。

対象は18歳から24歳までで、大学もしくは専門学校に進む方、さらには大学院生が範ちゅうに入ります。
実績は、累計で20,000名を突破したこともあり、学生メインでありながら大人数を参加に導いたのがキャリアといえるところ。

とある一例では、池袋のオシャレなカフェでの街コン開催で、コストパフォマンスに優れる内容で実施されたことでしょうか。

例えば4名以上の女性は500円オフになることをはじめ、学生にやさしい価格を取り決めつつ割引までこなす徹底ぶり。

カフェでまったりとしたり、学恋パーティーが催す学生がのどかに楽しめる場所に向かったり、学業に励む方の街コンサイトとしてまさにおすすめといえるでしょう。

まとめ

以上が東京で注目のおすすめ街コンピックアップでしたが、お目当てのサイトは見つかったでしょうか?

タイプ別・年齢別、そのほか予算別や立食・着席などシーン設定で凝りに凝ったスポットを選りすぐった、確かな目利きをおこなうサイトが散見されました。

1人でも参加ができる、リーズナブルな価格から向かえるなど、出会いに困ることのないサイト厳選につき、ぜひご紹介したところをきっかけに素敵な巡り合いをしてみてくださいね!